スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • Category : - |
  • スポンサードリンク |
  • |
  • - |
  • - |
  • - |
  • - |

盛り上がれていいなぁ、伊東1回目18位、葛西20位=W杯ジャンプ速報やねん!

Powered By 画RSS


あ〜温泉行きたいな。


今コーヒーで一べべしもって日記書いてるんせやかて、このニュース気にならへん?わしはちょいこの手のニュースがすきどすねんどすやろ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100315-00000000-jij-spo
ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプは14日、オスロで個人最終戦(HS134メートル、K点120メートル)が行われ、1回目を終えて伊東大貴(雪印)は124メートルで18位、葛西紀明(土屋ホーム)は122.5メートルで20位につけた。湯本史寿(東京美装)と竹内択(北野建設)は2回目に進めなかった。
バンクーバー五輪2冠で既に個人総合優勝を決めているシモン・アマン(スイス)が135.5メートルを飛び、149.5点でトップに立った。

シモン・アマンって何か知ってます?ということで、ゆーちゅーぶで動画を探してみたんだけど、これであってる?



『シモン・アマン』に関してネット上の反応はこんな感じでした。

3/4 06:10
僕が見たのは、第二回のスキージャンプのシモン・アマンて選手の回なんだけど、もう…その世界最高峰の技に感動した。ジャンプとか今までなんとなくしか見てなかったけど、あんな奥が深いもんだったのかと。 その後、五輪の結果調べてみて更に感動。
3/3 17:56
... ノルディックスキー・ジャンプ個人ラージヒル決勝で伝説の「鳥人」を超えた。1988年カルガリー五輪で個人2冠を達成し、「鳥人」の異名をとったマッチ・ニッカネン(フィンランド)を抜く個人4個目の金メダルを手にしたシモン・アマン(28)。
3/3 11:41
ノーマル・ラージ共にスイスのシモン・アマン選手、圧倒的に凄かったです。 W杯ではオーストリア勢も凄かったですが、アマンは本番にキッチリ合わせてきました。
3/3 09:11
シモン・アマン(スイス=ノルディックスキーのジャンプで2冠)このジャンプ台に来ると自信を感じる。いい飛躍ができると確信するんだ。 葛西紀明(同ジャンプ)最後の最後にいいジャンプができた。悔しさよりもやり切った気持ち。この年齢でも戦える。
3/3 01:13
ハーフパイプ、世界最高の技を披露してくれたアメリカのショーン・ホワイト。 やっぱり彼は鳥だった!と素晴らしいジャンプを飛んだスイスのシモン・アマン。 そしてアイスホッケー、カナダ対アメリカの白熱の決勝戦! いっぱい見どころありました。
3/2 23:32
でも身長の低い日本人に不利になったといわれるジャンプも日本人とサイズの変わらないシモン・アマンが金メダルを獲得しているしねぇ。 技術大国のはずの日本なんだから、 科学分析やモノ作りでバックアップして次のソチにメダル獲りに行こうよ。
3/2 21:33
そんなことはどうでもいいのだけれども、スキージャンプと云うのは、これまた観ていて楽しい競技です。 葛西もいい線までゆきましたが、それにもましてシモンアマンの2冠はたいしたもんです。 と云うことで、今日もちょっと描いてみた次第。
3/2 16:54
「シモン・アマン」 ・ hiroのブログ. 前回オリンピックに彗星のごとく登場し、ノーマル、ラージ共に金メダル。 今回も同様にノーマル、ラージ共に金メダル!!風の影響など関係ない!?その強さは圧巻でした。
3/2 10:44
「終わった。勝った。
3/2 08:42
今・


へ〜色々情報が飛び交ってるけど実際はどうなんでしょ。ドビュッシーの言葉をかりれば芸術とは、最も美しい嘘のことである。といったところでしょうか…今後のシモン・アマンの土屋ホームK点120メートルのニュース動向が気になります。

それでは、長文になるので、この辺で〜。

スポンサーサイト

  • Category : - |
  • スポンサードリンク |
  • 04:39 |
  • - |
  • - |
  • - |
  • - |